Microsoft Teamsのカメラが機能しない、検出されない(修正済み)

Microsoft Teamsのカメラが機能しない、検出されない(修正済み)

Microsoft Teamsを使用しているのに、Webカメラを認識できない場合は、この記事を読む必要があります。このガイドでは、この一般的な問題が発生する理由を説明し、MicrosoftTeamsを正常に稼働させるための4つの解決策を提供します。

Microsoft Teamsのカメラが機能しない、検出されない(修正済み)

ますます多くの人々が自宅で仕事をしていることに気付いたので、MicrosoftTeamsはここ数週間で啓示であることが証明されました。コロナウイルスの封鎖が世界中で実施され始めて以来、Microsoft Teamsは1日あたり1200万人以上のユーザーを追加し、合計で世界中の4,400万人のユーザーになりました。Zoom、Slack、Googleハングアウトと並んで、ビジネスビデオ会議やチームミーティングの人気サイトの1つになっています。

しかし、このユーザー数の急増は、完全に準備されていなかったMicrosoft Teamsインフラストラクチャに追加のプレッシャーを加えたため、ユーザーにいくつかの問題を引き起こしました。 読者が報告している最も一般的な問題の1つは、MicrosoftTeamsがWebカメラを検出できないことを報告するエラーメッセージです。

このエラーが問題を引き起こし、リモート作業計画に影響を与えている場合でも、慌てる必要はありません。このガイドでは、問題を修正し、コロナウイルスの封鎖以降もMicrosoftTeamsの同僚やクライアントと協力し続けることができるようにするためのさまざまな方法について詳しく説明します。

Microsoft Teamsカメラエラー(作業修正)

すべての比較的若いソフトウェアと同様に、Microsoft Teamsは、発売以来、多くの問題を抱えています。これらは実際には比較的少なく、その間にあり、Microsoftはそれらの大部分をかなり迅速に修正することができました。

しかし、いくつかは存続しており、読者が定期的に私たちと一緒に提起したものの1つは、MicrosoftTeamsがWebカメラを認識できなかったことです。

この問題は、ビデオ会議に参加または参加するときに特に問題になります。電話会議中に画像がフリーズしたと報告したユーザーもいれば、画像をまったく表示できなかったと報告したユーザーもいます。

ほとんどのユーザーはまだ会議を聞くことができますが、他のすべてのユーザーがビデオ接続を使用している場合は、理想的には同様に聞きたいと考えています。

Microsoftがまだ適切な対応を提供していることは問題ではなく、Microsoft Teamsのユーザーの増加により、問題はさらに悪化しているようです。

幸い、Microsoft Teams Webカメラ認識の問題を解決するのに役立ついくつかの回避策があります。このガイドでは、それらの概要を説明します。

1. MicrosoftTeamsにWebカメラの使用許可があることを確認します

MicrosoftTeamsをWindowsPCにダウンロードすると、Webカメラやマイクなどのさまざまなハードウェアコンポーネントにアクセスするためのアクセス許可をWindowsPCに提供するように求められます。

プライバシーを重視する個人の場合、またはオンラインでの作業に注意を払っている場合は、MicrosoftTeamsにWebカメラの使用を許可しないことを選択した可能性があります。また、Microsoft Teamsを使用しているときに、これらのアクセス許可が誤って変更された可能性もあります。

いずれにせよ、最初に確認することは、Microsoft TeamsがWebカメラを使用する権限を持っていることです。これは、次の簡単な手順に従って行うことができます。

  1. Windowsキー+ Iを押します
  2. プライバシーをクリックします
  3. カメラを選択
  4. [アプリにカメラへのアクセスを許可する]というラベルの付いたトグルがアクティブになっていることを確認します。右に設定する必要があります。
  5. この下の[カメラにアクセスできるMicrosoftStoreアプリの選択]という見出しの下で、[MicrosoftTeams]の横のトグルもアクティブになっていることを確認します。
  6. このトグルがすでにアクティブになっているように見える場合は、スイッチをオフにし、しばらくそのままにしてから、もう一度オンにします。
  7. 設定の変更を保存してから、MicrosoftTeamsを再度開きます。

Microsoft Teamsのカメラが機能しない、検出されない(修正済み)

権限が問題だった場合は、WebカメラがMicrosoftTeamsで正常に機能していることがわかります。

2.ドライバーを更新します

Webカメラドライバーが古くなっている場合、MicrosoftTeamsがWebカメラを認識できなくなる可能性があります。この問題を解決するには、デバイスのドライバーを更新するだけです。

これを行うには、さまざまな方法があります。外部Webカメラを使用している場合は、ハードウェアをアンインストールしてから再インストールしてみてください。これにより、デバイスはインターネットからWebカメラのソフトウェアの最新バージョンをダウンロードするように強制され、それに伴って最新のドライバーが提供されます。

Windowsラップトップのすべてのドライバーを更新することもできます。これを行うには、4つの異なる方法があります。

  • WindowsUpdateを使用する

多くの主要なデバイスメーカーは、MicrosoftのWindowsUpdate機能を介してドライバーの更新をWindowsラップトップに直接プッシュします。これらをダウンロードするには、最新のWindowsUpdateをすべてデバイスにダウンロードしたことを確認するだけです。

これは単に行うことであり、デバイスのメンテナンスの定期的な一部である必要があります。Windows Updateを使用して最新の更新プログラムをダウンロードする方法がまだわからない場合は、次の簡単な手順に従うだけです。

  1. 設定アプリに移動します。
  2. [更新とセキュリティ]をクリックします。
  3. [更新の確認]をクリックします
  4. このプログラムがフラグを立てる更新インストールしますMicrosoft Teamsのカメラが機能しない、検出されない(修正済み)
  • デバイスマネージャを使用する

WebカメラドライバーがWindowsUpdateからプッシュされない場合、それらが最新であることを確認する最も簡単な方法は、デバイスマネージャーを使用することです。すべてのデバイスドライバーをチェックする場合は、各ドライバーを手動でチェックするハードウェアのリストを確認する必要があります。これは時間のかかる作業ですが、多くの場合価値のある作業です。

ただし、Microsoft Teams Webカメラ認識の問題を解決するには、Webカメラのドライバーを確認するだけです。これを行うには、次のことを行う必要があります。

  1. 検索に移動
  2. devicemngと入力します
  3. Webカメラのハードウェアのリストを調べて、右クリックします。
  4. ドライバーソフトウェアの更新を選択します

Microsoft Teamsのカメラが機能しない、検出されない(修正済み)

新しいバージョンのドライバーが利用可能な場合は、デバイスに自動的にダウンロードされます。ダウンロードが完了したら、Microsoft Teamsを再起動するだけで、Webカメラの問題が修正されます。

  • メーカーのウェブサイトにアクセス

ウェブカメラの製造元は、ドライバーの更新をWebサイトに投稿します。このサイトにアクセスして適切な製品を見つけた場合は、Webサイトからデバイスにドライバーを直接ダウンロードしてインストールできるはずです。

  • 専用のドライバー更新ツールを使用する

また、Windowsユーザーがドライバーを最新の状態に保つのに役立つように特別に設計されたさまざまなツールもあります。

TweakBitのDriverUpdaterやIObitDriver Boosterなどの製品を使用すると、すべてのドライバーをシンプルかつ安全に最新の状態に保つことができます。

これらのツールの1つを実行して、デバイスの最新のドライバーをすべてダウンロードするだけです。次に、Microsoft Teamsをリロードすると、Webカメラの問題が解決されます。

3.トラブルシューティングを実行します

Windowsデバイスを長期間使用している場合は、以前にトラブルシューティングツールに遭遇した可能性があります。これらの便利な機能は、Windowsユーザーが、通常は機能を超えているソフトウェアとハ​​ードウェアの技術的な問題を解決するのに役立ちます。

アクセス許可を確認してドライバーを更新しても、Microsoft TeamsにWebカメラを認識させるのに問題がある場合は、次のステップはMicrosoftのハードウェアとデバイスのトラブルシューティングを実行することです。これを行うには、次のことを行う必要があります。

  1. [開始]をクリックします
  2. [設定]をクリックします
  3. アップデートとセキュリティを選択
  4. トラブルシューティングを選択

Microsoft Teamsのカメラが機能しない、検出されない(修正済み)

トラブルシューティングツールは自動的に実行され、MicrosoftTeamsが認識できない可能性のあるWebカメラの技術的な問題を検出する必要があります。

画面の指示に従って、検出された問題を解決してから、MicrosoftTeamsを再度開きます。これが問題の原因である場合は、Webカメラが認識されるはずです。

4.Webカメラを再登録します

Webカメラが組み込まれている場合、外部Webカメラと同じ方法でアンインストールできない場合がありますが、ラップトップに再登録することはできます。

これには、事実上、WindowsラップトップにWebカメラを忘れてから再度認識するように指示することが含まれます。それは非常に簡単なプロセスです。あなたがしなければならないのは:

  1. Windows + Xをクリックします
  2. デバイスマネージャに移動します
  3. ウェブカメラが見つかるまで、画像デバイスの下を検索します。
  4. カメラデバイス右クリックして、[アンインストール]を選択します
  5. 確認を求められたら、[ OK]をクリックします
  6. 次に、[アクション]を選択します
  7. [ハードウェアの変更スキャン]をクリックします

これで、WindowsラップトップがWebカメラをもう一度検索して見つけるはずです。次に、変更を保存するためにデバイスを再起動する必要があります。

再起動が完了したら、Microsoft Teamsを再度開くと、問題が解決されているはずです。

MicrosoftTeamsでのWebカメラのパフォーマンス

これらの4つの修正により、MicrosoftTeamsユーザーがWebカメラの認識に関して抱えている問題の大部分が解決されるはずです。ただし、MicrosoftTeamsのビデオ通話でのWebカメラのパフォーマンスに悪影響を与える可能性のある他の問題がいくつかあります。

  • MicrosoftTeamsはWebカメラで動作しますか

最初で最大のものは、Webカメラが実際にMicrosoftTeamsで動作するかどうかです。メーカーとモデルの大多数はそうしますが、特に古いモデルではいくつかの例外があります。

マイクロソフトは、実際には、認定パートナーの1つが製造したデバイスを使用することをユーザーに推奨しています。この推奨事項には商業的な要素がありますが、MicrosoftTeamsのビデオ会議で使用するときにWebカメラに問題が発生しないようにする方法です。

どのWebカメラメーカーがマイクロソフトの認定パートナーであるかを確認するには、マイクロソフトのサポートページにアクセス  し、[カメラ]セクションまでスクロールしてください

  • 地域の状況

WebカメラがMicrosoftTeamsビデオ会議用に生成できる画像の品質に影響を与える可能性のあるローカル要因がいくつかあります。

これには、光、背景の問題、カメラからどれだけ離れているかなどが含まれます。

最新のWebカメラのほとんどには、さまざまな機能と設定が多数用意されています。これらをいじっている場合は、画像に影響を与えている何かを誤って変更した可能性があります。

  • ローカルWi-Fi信号強度

使用しているWi-Fi接続が十分に強力でない場合、接続の問題が発生し、ビデオ画像の品質に影響を与える可能性があります。ライブビデオのストリーミングはかなりデータ集約的であり、Wi-Fi強度が十分でない場合、画像は簡単に遅くなったりフリーズしたりする可能性があります。

Microsoft Teamsでビデオ会議を行う前に、Wi-Fi容量を使い果たしている可能性のあるその他の重要でない接続をオフにしてみてください。

子供をX-Boxから追い出し、庭でしばらく遊んでもらい、パートナーにNetflixでの映画やボックスセットのストリーミングをしばらく停止するように伝えます。これにより、すべての違いが生まれ、ビデオの品質が向上します。

Microsoft Teamsとは何ですか?

Microsoft Teamsは、Microsoftのチームワークハブです。SlackやGoogleハングアウトなどに挑戦し、Office 365サブスクライバーにリモートで作業し、同僚やクライアントとやり取りするためのプラットフォームを提供するのが彼らの努力です。

昨年発売されたばかりですが、実際に動き始めています。マイクロソフトは確かにコロナウイルスの発生を望んでいませんでしたが、その後の危機と封鎖がマイクロソフトチームが大規模なユーザーベースを迅速に構築するのに役立ったことは間違いありません。

Microsoft Teamsは、ユーザーに多くの機能を提供します。これには、ユーザーがさまざまなチームグループを作成できるチャットプラットフォームが含まれます。他のインスタントメッセージングプラットフォームと同様に、Microsoft Teamsでは、ユーザーはメッセージ、ドキュメント、オーディオ、およびビジュアルコンテンツをすばやく簡単に共有できます。

Microsoft Teamsを使用すると、ユーザーは会議を設定したり、イベントの詳細を管理したりすることもできます。これらの会議は事実上開催でき、VOIPサービスは、ユーザーに複数の参加者との音声またはビデオ会議をオンラインでホストする機会を提供します。

Microsoft Teamsは、特に教師や学界で働く人々を対象とした多くの機能も備えています。これには、教師が生徒の課題を配布、フィードバック、採点したり、クイズやその他の課題を設定したりできる機能が含まれています。

概要

Microsoft Teamsは、昨年リリースされたばかりであるにもかかわらず、急速に非常に人気のあるリモートワーキングおよびビデオ会議ツールになりました。しかし、歯が生える問題がないわけではなく、コロナウイルスの封鎖によって引き起こされたユーザーの急速な成長によって悪化しています。

最も一般的な問題は、MicrosoftTeamsが一部のWebカメラの認識に苦労していることのようです。このガイドでは、この問題のいくつかの機能について説明し、4つの可能な修正についても概説しました。

私たちのフィードバックとテストは、これらの修正が圧倒的多数のユーザーの問題を解決することを示唆しています。また、MicrosoftTeamsビデオ会議でのWebカメラのパフォーマンスの品質に影響を与える可能性のある他のいくつかの問題についても詳しく説明しました。

ここ数週間および数か月で、Microsoft Teamsへの新しい改宗者になりましたか?ソフトウェアがWebカメラを認識しないという問題がありましたか?推奨される修正は問題の解決に役立ちましたか?このガイドで取り上げていない代替ソリューションを見つけましたか?

読者自身の経験について聞いて、これらのガイドの内容についてフィードバックを得るのは常に役に立ちます。下のコメントボックスを使用して、私たちとあなたの考えを共有してください。


AI チャットボットと共有してはいけない 5 つのこと

AI チャットボットと共有してはいけない 5 つのこと

AI チャットボットの使用には、プライバシー上の懸念やサイバー攻撃の可能性など、固有のリスクが伴います。チャットボットと対話するときは注意することが重要です。

AI 革命は、哲学の最も基本的な質問に答えるのにどのように役立ちますか? (終わり)

AI 革命は、哲学の最も基本的な質問に答えるのにどのように役立ちますか? (終わり)

本稿では、これらの基本的な哲学的問題について、世界をリードする技術専門家の視点からの深い考察を、以下のシリーズ記事を通じて読者の皆様にご紹介したいと思います。

企業がChatGPTを禁止する5つの理由

企業がChatGPTを禁止する5つの理由

ChatGPT の優れた機能にもかかわらず、いくつかの大企業は従業員によるこの AI チャットボットの使用を禁止しています。

EU: AI システムは透明性のある責任ある方法で構築および導入されるべきである

EU: AI システムは透明性のある責任ある方法で構築および導入されるべきである

欧州連合は本日、企業と政府の両方が人工知能プロジェクトの開発と展開においてどのように従うべきかに関する一連のガイダンス文書を正式に発行しました。

NASA、熱帯低気圧の進行を高精度で予測する AI システムの開発に成功

NASA、熱帯低気圧の進行を高精度で予測する AI システムの開発に成功

地球規模の気候変動の影響により、熱帯低気圧の活動はますます複雑化しています。

AlphaGoは世界ナンバー1の囲碁棋士柯潔に勝利した

AlphaGoは世界ナンバー1の囲碁棋士柯潔に勝利した

4 時間以上の激しいブレインストーミングの結果、Google の DeepMind チームの AI は世界 No.1 の囲碁棋士である柯潔氏との 3 対局のうち 1 対 0 でリードしました。

AI 革命は、哲学の最も基本的な質問に答えるのにどのように役立ちますか? (パート3)

AI 革命は、哲学の最も基本的な質問に答えるのにどのように役立ちますか? (パート3)

本稿では、これらの基本的な哲学的問題について、世界をリードする技術専門家の視点からの深い考察を、以下のシリーズ記事を通じて読者の皆様にご紹介したいと思います。

Microsoft Video Authenticator: ディープフェイクを特定し、虚偽の情報を防ぐのに役立つツール

Microsoft Video Authenticator: ディープフェイクを特定し、虚偽の情報を防ぐのに役立つツール

Microsoft は、ディープフェイク技術を使用して虚偽の情報を拡散するフィッシングとの戦いを支援するために設計された Microsoft Video Authenticator と呼ばれる新しいテクノロジーを導入しました。

なぜハッカーは ChatGPT アカウントを狙うのでしょうか?

なぜハッカーは ChatGPT アカウントを狙うのでしょうか?

ハッカーは、ChatGPT アカウント、さらには無料アカウントを盗むために膨大なリソースを使用しています。

AIがトイレの音から下痢の人を正確に予測

AIがトイレの音から下痢の人を正確に予測

New Scientist誌によると、ジョージア工科大学(米国)の研究者マイア・ガトリン氏らは、98%の精度で下痢を検出できる人工知能(AI)システムを開発したと報じた。