ExcelでのREPT関数の使い方

ExcelでのREPT関数の使い方

より基本的なExcel 関数を理解し、その一部を習得すると、Excel での計算や統計に大いに役立ちます。REPT 関数を使用すると、各文字を順番に手動で入力する必要がなく、表内の文字がユーザーが希望する回数だけ自動的に繰り返されます。REPT 関数は、ユーザーが入力した数式内で文字または数字を正しい回数繰り返すテキスト文字列を返します。そこで REPT 機能を使用すると、作業時間を大幅に節約できます。ExcelでREPT関数を使用する方法については、以下の記事で説明しています。

ExcelでREPT関数を使用する手順

REPT 関数には、REPT(text,number_times)という式があります。そこで:

  • Text は繰り返したいテキスト文字列であり、必須パラメータです。
  • number_times は、繰り返しの回数を指定する正の数値であり、必須パラメータです。

REPT 関数を使用する場合の注意事項:

  • number_time = 0 の場合、関数は空の文字列を返します。
  • number_time が整数でない場合は、自動的に整数に変換されます。
  • number_time が数値でない場合、関数はエラー値 #VALUE! を返します。
  • REPT 関数によって返される結果は 32,767 文字を超えてはなりません。32,767 文字を超えると、エラー値 #VALUE! が返されます。

REPT関数の例

たとえば、以下の表には、繰り返す必要がある文字が含まれています。

ExcelでのREPT関数の使い方

結果の最初のセルに数式 =REPT(C3,D3)を入力し、Enter キーを押します。

ExcelでのREPT関数の使い方

文字列をnumber_timesの正確な回数だけ繰り返した結果は次のようになります。

ExcelでのREPT関数の使い方

最初の結果セルを残りのセルまでドラッグし続け、以下に示す結果を取得します。整数の繰り返しの場合、文字はその回数だけ繰り返されます。繰り返し回数が整数でない場合、REPT 関数は自動的に回数を整数に戻します。6番の2.5回繰り返しの場合は、自動的に2回繰り返しに変更されます。

繰り返し回数が 0 の場合、結果は表示されません。

ExcelでのREPT関数の使い方

Excel での REPT 関数の使用は非常に簡単で、関数の構文に正しく従えば複雑ではありません。文字を直接入力しなくても、文字が繰り返されます。

成功を祈っています!


Excel VBAでdo-whileループを使用する方法

Excel VBAでdo-whileループを使用する方法

Excel VBA で反復的なタスクを自動化したいですか? それでは、Do-while ループを使用して、条件が満たされるまで繰り返す一連のアクションを実装する方法を学びましょう。

Excel 2016 - レッスン 6: Excel の列、行、セルのサイズを変更する

Excel 2016 - レッスン 6: Excel の列、行、セルのサイズを変更する

Excel のデフォルトの列幅と行の高さは、入力したデータと一致しない可能性があります。Excel 2016 で列、行、セルのサイズを変更する方法を以下の記事で紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

Excel 2016 - レッスン 5: セルと範囲の基本概念

Excel 2016 - レッスン 5: セルと範囲の基本概念

Excel で作業するときは常に、セルに情報 (コンテンツ) を入力する必要があります。LuckyTemplates を使って Excel 2016 のセルと範囲の基本概念を学びましょう。

ExcelのXLOOKUP関数の使い方

ExcelのXLOOKUP関数の使い方

ExcelのXlookup関数とは何ですか? ExcelでXlookupを使用するにはどうすればよいですか? LuckyTemplates.com で調べてみましょう!

Excel 2016 - レッスン 4: スプレッドシートを保存および共有する方法

Excel 2016 - レッスン 4: スプレッドシートを保存および共有する方法

Excel で新しいスプレッドシートを作成するときは、後でアクセスして編集できるように保存する方法を知っておく必要があります。LuckyTemplates を使用して、Excel 2016 でスプレッドシートを保存および共有する方法を学びましょう。

Excel 2016 - レッスン 3: 新しいスプレッドシートを作成して既存のスプレッドシートを開く方法

Excel 2016 - レッスン 3: 新しいスプレッドシートを作成して既存のスプレッドシートを開く方法

コンピューター上で Excel ファイルを作成する方法は難しくありません。以下では、初心者向けに Excel ファイルを作成し、スプレッドシートを開く方法について詳しく説明します。

Excel 2016 - レッスン 2: OneDrive について学ぶ

Excel 2016 - レッスン 2: OneDrive について学ぶ

Excel 2016 セクションの概要では、LuckyTemplates が Microsoft Excel について理解するのに役立ちました。本日も、OneDrive について知っておくべきことを引き続きお伝えします。ぜひご相談ください。

Microsoft ExcelでWORKDAY関数を使用する方法

Microsoft ExcelでWORKDAY関数を使用する方法

Microsoft Excel の WORKDAY 関数は日付と時刻に関連する関数であり、その目的は、指定された営業日数の前後の日付を返すことです。営業日には週末や休日に指定された日は含まれません。

Excel 2016 - レッスン 1: Microsoft Excel について理解する

Excel 2016 - レッスン 1: Microsoft Excel について理解する

Microsoft Excel は、処理された情報を表形式で記録および表示し、計算を実行し、表に視覚的な統計を構築するのに役立つように設計されたスプレッドシート処理プログラムです。LuckyTemplates を使用して Microsoft Excel 2016 について学びましょう!

Microsoft、Excelの最も迷惑なエラーを修正

Microsoft、Excelの最も迷惑なエラーを修正

昨年、Microsoft は Windows および Mac ユーザー向けに Excel の自動データ変換を導入しました。