Excel 2016で代替の行または列を自動的に強調表示するにはどうすればよいですか?

Excel 2016で代替の行または列を自動的に強調表示するにはどうすればよいですか?

最終更新日:2019年10月。Excel2019以下に適用されます。WindowsとmacOS

ある読者が、Excelで1行おきにハイライトまたはシェーディングする数式を知っているかどうかを尋ねていました。今日は、Excelの交互の行または列にさまざまな配色を適用する方法を学習します。これを実現する方法はいくつかありますが(Visual Basic for Applicationsコードの使用を含む)、今日は、条件付き形式の使用とテーブルデザインの使用という、比較的単純でコーディングを必要としない2つのソリューションに焦点を当てます。

条件付き書式

重要な注意:このチュートリアルを続行する前に、Excelスプレッドシートのバックアップがあることを確認してください。別のオプションは、ワークシートのコピーを作成してから、以下の手順に従うことです。

  • 最初に、条件付き書式を使用してシェーディングする必要がある行を選択する必要があります。

Excel 2016で代替の行または列を自動的に強調表示するにはどうすればよいですか?

  • 次に、ホームリボンに移動し、条件付き書式のドロップダウンボックスをクリックして、新しいルールを選択します。

Excel 2016で代替の行または列を自動的に強調表示するにはどうすればよいですか?

  • ルールタイプの選択で、数式を使用してフォーマットするセルを決定します
  • 数式がtrueの 形式の値に、数式= mod(row()、2)= 0と入力します。

簡単な説明:Modは、他の数値で割ったときに数値のリマインダーを返す関数です。この場合、行だけが色付けされるようにします。上記の式は、まさにそれを達成することを可能にします🙂

Excel 2016で代替の行または列を自動的に強調表示するにはどうすればよいですか?

  • [フォーマット]をクリックし、 [塗りつぶし]タブを開いて、背景色を設定します(この場合は緑を選択しました)。

Excel 2016で代替の行または列を自動的に強調表示するにはどうすればよいですか?

  • 上で定義した式に従って、偶数行の背景色、たとえば2、4、6は自動的に緑色になります。

Excel 2016で代替の行または列を自動的に強調表示するにはどうすればよいですか?

  • それだけです–条件付き書式を使用して代替シェーディングを実行しました。

テーブルスタイルを使用して代替を埋める

  • 条件フォーマットの代わりにテーブルスタイルフォーマットを使用することもできます。
  • これを行うには、フォーマットする必要のあるセルを選択し、ホームリボンの[テーブルとしてフォーマット]をクリックして、必要なテーブルフォーマットのいずれかを選択します。

Excel 2016で代替の行または列を自動的に強調表示するにはどうすればよいですか?

  • 選択したセルにすでにヘッダーがある場合は、[マイテーブルにヘッダーがある]を確認してください。

Excel 2016で代替の行または列を自動的に強調表示するにはどうすればよいですか?

  • テーブルスタイルオプションでは、提供されているオプションをオンまたはオフにすることができます。

Excel 2016で代替の行または列を自動的に強調表示するにはどうすればよいですか?

  • フィルタボタンは、ドロップダウンシンボルを提供します。
  • 最初の列は、最初の列のフォントを太字にします。
  • 最後の列は、最後の列のフォントを太字にします。
  • 縞模様の列は、代替列に影を付けます。
  • 見出し行は、見出しを非表示または表示にします。
  • Total Rowは、スプレッドシートの合計行数を計算します。
  • 縞模様の行は、交互の行をシェーディングします。

お役に立てば幸いです🙂


Excel 2019 (パート 18): データの並べ替え

Excel 2019 (パート 18): データの並べ替え

データを並べ替えることで、ワークシートをすばやく再編成できます。

Excel 2019 (パート 17): 行/列の固定と表示オプション

Excel 2019 (パート 17): 行/列の固定と表示オプション

Excel には、行/列を固定したり、ワークシートを分割したりする機能など、ワークブックのさまざまな部分のコンテンツを同時に簡単に表示できるツールが多数含まれています。

Excel 2019 (パート 16): データを操作するときの基本的なヒント

Excel 2019 (パート 16): データを操作するときの基本的なヒント

20 個のセルを扱う場合でも、20,000 個のセルを扱う場合でも、Excel にはデータを整理して必要なものを見つけるのに役立つ機能が多数あります。

Excelの割り算関数:MOD関数(余りを求める)とQUOTIENT関数(整数部分を求める)

Excelの割り算関数:MOD関数(余りを求める)とQUOTIENT関数(整数部分を求める)

MOD関数はExcelで除算した余りを求める関数です。たとえば、MOD 関数を使用して 5:3 を除算すると、MOD 関数が返す結果は 2 になります。 では、Excel で MOD 関数を使用するにはどうすればよいでしょうか。以下の MOD 関数の構文と特定の MOD 関数の例を参照してください。

ExcelでSORT関数を使ってデータを並べ替える方法

ExcelでSORT関数を使ってデータを並べ替える方法

SORT 関数は、元のテーブルをそのままにし、その代わりにスプレッドシートに並べ替えられたテーブルのコピーを作成します。

Excel 2019 (パート 15): 関数

Excel 2019 (パート 15): 関数

Excel には、セル範囲の合計、平均、個数、最大値、最小値をすばやく見つけるために使用できる多くの一般的な関数が含まれています。

Excel 2019 (パート 14): 相対セル参照と絶対セル参照

Excel 2019 (パート 14): 相対セル参照と絶対セル参照

セル参照には、相対参照と絶対参照の 2 種類があります。相対参照と絶対参照は、コピーして他のセルに入力した場合の動作が異なります。

Excel 2019 (パート 13): 複雑な数式を作成する

Excel 2019 (パート 13): 複雑な数式を作成する

数式に複数の演算がある場合、演算の順序によって、どの演算を最初に実行するかが Excel に指示されます。

ExcelでのREPT関数の使い方

ExcelでのREPT関数の使い方

Excel の REPT 関数は、手動で入力しなくても、数字から単語文字までの符号なし文字を繰り返します。

Excel 2019 (パート 12): 数式の概要 (数式)

Excel 2019 (パート 12): 数式の概要 (数式)

Excel の最も強力な機能の 1 つは、数式を使用して数値情報を計算する機能です。Excel は電卓と同じように、加算、減算、乗算、除算を行うことができます。