Excel 2019 (パート 15): 関数

Excel 2019 (パート 15): 関数

関数とは、特定の値を特定の順序で使用して計算を実行する、事前定義された式です。Excel には、セル範囲の合計、平均、個数、最大値、最小値をすばやく見つけるために使用できる多くの一般的な関数が含まれています。関数を正しく使用するには、関数のさまざまな部分と、値とセル参照を計算するための引数の作成方法を理解する必要があります。

関数の一部

正しく機能するには、関数を構文と呼ばれる特定の方法で記述する必要があります。関数の基本的な構文は、等号 ( = )、関数名 ( SUMなど)、および 1 つ以上の引数です。引数には計算したい情報が含まれます。以下の例の関数は、セル範囲 A1:A20 の値を追加します

Excel 2019 (パート 15): 関数

引数の操作

引数は個々のセルとセル範囲の両方を参照でき、かっこで囲む必要があります。関数に必要な構文に応じて、1 つ以上の引数を含めることができます。

たとえば、=AVERAGE(B1:B9)関数は、セル範囲 B1:B9 の値の平均を計算しますこの関数には引数が 1 つだけ含まれます。

Excel 2019 (パート 15): 関数

複数の引数はカンマで区切る必要があります。たとえば、=SUM(A1:A3, C1:C2, E1)関数は、3 つの引数のすべてのセルの値を加算します。

Excel 2019 (パート 15): 関数

関数を作成する

Excelにはたくさんの関数が用意されています。使用する最も一般的な関数の一部を次に示します。

  • SUM :この関数は、引数内のセルのすべての値を加算します。
  • AVERAGE :この関数は、引数に含まれる値の平均値を決定します。セルを合計し、その値を引数内のセルの数で割ります。
  • COUNT :この関数は、引数に数値データが含まれるセルの数をカウントします。この関数は、セル範囲内の項目をすばやく数えるのに役立ちます。
  • MAX :この関数は、引数に含まれる最大のセル値を決定します。
  • MIN:この関数は、引数に含まれる最小のセル値を決定します。

オートSUMコマンドを使用して関数を作成する方法

AutoSum コマンドを使用すると、 SUM、AVERAGE、COUNT、MAXMINなどの最も一般的な関数を数式に自動的に挿入できます。以下の例では、SUM 関数を使用して、最近注文した商品のリストの合計コストを計算します。

1. 関数を含むセルを選択します。たとえば、セルD13 を選択します。

Excel 2019 (パート 15): 関数

2. [ホーム]タブの[編集]グループで、[オート SUM] コマンドの横にある矢印をクリックします次に、ドロップダウン メニューから目的の機能を選択します。たとえば、「合計」を選択します。

3. Excel は関数をセルに配置し、引数のセル範囲を自動的に選択します。この例では、セルD3:D12が自動的に選択され、それらの値が合計コストの計算に追加されます。Excel が間違ったセル範囲を選択した場合は、引数に目的のセルを手動で入力できます。

Excel 2019 (パート 15): 関数

4.キーボードのEnter キーを押します。関数が計算され、結果がセルに表示されます。この例では、 D3:D12の合計は$765.29です

Excel 2019 (パート 15): 関数

AutoSum コマンドには、リボン[数式]タブからもアクセスできます。

Excel 2019 (パート 15): 関数

AutoSum コマンドの代わりにショートカットAlt + =を使用することもできますこのショートカットを使用するには、 Altキーを押したまま等号をタップします。

このショートカットがどのように機能するかについては、以下のビデオをご覧ください。

関数を手動で入力する方法

関数名がすでにわかっている場合は、自分で簡単に入力できます。以下の例 (クッキーの販売数をカウント) では、AVERAGE関数を使用して、各チームが販売した平均ユニット数を計算します。

1. 関数を含むセルを選択します。たとえば、セルC10 を選択します。

Excel 2019 (パート 15): 関数

2. 等号 ( = ) を入力し、目的の関数名を入力します。入力中にセルの下に表示される推奨関数のリストから目的の関数を選択することもできます。たとえば、「=AVERAGE」と入力します。

Excel 2019 (パート 15): 関数

3. 引数のセル範囲を括弧内に入力します。たとえば、(C3:C9) と入力します。この数式は、セルC3:C9の値を加算し、その値を範囲内の値の合計数で割ります。

Excel 2019 (パート 15): 関数

4.キーボードのEnter キーを押します。関数が計算され、結果がセルに表示されます。この例では、各チームの平均販売数は849 です。

Excel 2019 (パート 15): 関数

Excel では、数式にエラーがあるかどうかが常に通知されるわけではないため、すべての数式をテストするのはユーザーの責任です。

関数ライブラリ

Excel には何百もの関数がありますが、最もよく使用する関数はブック内のデータの種類によって異なります。すべての関数を学ぶ必要はありませんが、いくつかの異なるタイプの関数を検討すると、新しいプロジェクトを作成するときに役立ちます。[数式]タブの関数ライブラリを使用して、財務、論理、テキスト、日付と時刻などのカテゴリ別に関数を参照することもできます。

関数ライブラリにアクセスするには、リボン[数式]タブを選択します。「関数ライブラリ」グループを見つけます

Excel 2019 (パート 15): 関数

関数ライブラリから関数を挿入する方法

以下の例では、COUNTA 関数を使用して、Items 列の項目の合計数をカウントします。COUNT とは異なり、COUNTA は数値データだけでなく、あらゆる種類のデータを含むセルを集計するために使用できます。

1. 関数を含むセルを選択します。たとえば、セルB17 を選択します。

2.リボン[数式]タブをクリックして、関数ライブラリにアクセスします。

3. [関数ライブラリ]グループ から、目的の関数カテゴリを選択します。たとえば、[その他の 関数]を選択し、[統計] の上にマウスを置きます。

Excel 2019 (パート 15): 関数

4. ドロップダウン メニューから目的の機能を選択します。たとえば、Items 列のセルの数をカウントする COUNTA 関数を選択します。

Excel 2019 (パート 15): 関数

5. [関数の引数]ダイアログ ボックスが表示されます。[Value1]フィールドを選択し、目的のセルを入力または選択します。この例では、セル範囲A3:A12 を入力します。引き続きValue2フィールドに引数を追加できますが、この例ではセル範囲 A3:A12 内のセルの数のみをカウントします。

6. 問題がなければ、「OK」をクリックします。

Excel 2019 (パート 15): 関数

7. 関数が計算され、結果がセルに表示されます。この例では、結果は 10 個の商品が注文されたことを示しています。

Excel 2019 (パート 15): 関数

関数の挿入コマンド

関数ライブラリは関数を参照するのに最適な場所ですが、代わりに関数を探したい場合もあります。これを行うには、「関数の挿入」コマンドを使用します探している関数の種類によっては試行錯誤が必要になる場合がありますが、実際には、関数をすばやく見つけるには関数の挿入コマンドが効果的な方法です。

「関数の挿入」コマンドの使用方法

以下の例では、注文してから商品を受け取るまでにかかる日数を計算する関数を探しています。この例では、列EFの日付を使用して、列Gの配達時間を計算します。

1. 関数を含むセルを選択します。たとえば、セルG3 を選択します。

Excel 2019 (パート 15): 関数

2.リボン[数式]タブをクリックし、[関数の挿入] コマンドをクリックします。

Excel 2019 (パート 15): 関数

3. [関数の挿入]ダイアログ ボックスが表示されます。

4. 関数で実行する計算を説明するキーワードをいくつか入力し、[実行] をクリックします。例では日数を入力していますが、ドロップダウンリストからカテゴリを選択して検索することもできます。

Excel 2019 (パート 15): 関数

5. 結果を確認して目的の関数を見つけ、「OK」をクリックします。たとえば、注文日から受領日までの営業日数を計算するには、NETWORKDAYSを選択します。

Excel 2019 (パート 15): 関数

6. [関数の引数]ダイアログ ボックスが表示されます。ここから、関数の引数を構成するセルを入力または選択できます。この例では、Start_dateフィールドにE3 を入力し、 End_date フィールドにF3 を入力します

7. 問題がなければ、「OK」をクリックします。

Excel 2019 (パート 15): 関数

8. 関数が計算され、結果がセルに表示されます。この例では、注文を受け取るまでに 4 営業日かかることが結果からわかります。

Excel 2019 (パート 15): 関数

数式と同様に、関数も隣接するセルにコピーできます。関数を含むセルを選択し、塗りつぶしたいセルの塗りつぶしハンドルをクリックしてドラッグするだけです。関数がコピーされ、それらのセルの値が行または列を基準にして計算されます。

Excel 2019 (パート 15): 関数

基本的な関数に慣れている場合は、VLOOKUP などのより高度な関数を試してみることをお勧めします。詳細については、Excel での Vlookup 関数の使用方法に関する LuckyTemplates.com の記事を参照してください。


Excel VBAでdo-whileループを使用する方法

Excel VBAでdo-whileループを使用する方法

Excel VBA で反復的なタスクを自動化したいですか? それでは、Do-while ループを使用して、条件が満たされるまで繰り返す一連のアクションを実装する方法を学びましょう。

Excel 2016 - レッスン 6: Excel の列、行、セルのサイズを変更する

Excel 2016 - レッスン 6: Excel の列、行、セルのサイズを変更する

Excel のデフォルトの列幅と行の高さは、入力したデータと一致しない可能性があります。Excel 2016 で列、行、セルのサイズを変更する方法を以下の記事で紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

Excel 2016 - レッスン 5: セルと範囲の基本概念

Excel 2016 - レッスン 5: セルと範囲の基本概念

Excel で作業するときは常に、セルに情報 (コンテンツ) を入力する必要があります。LuckyTemplates を使って Excel 2016 のセルと範囲の基本概念を学びましょう。

ExcelのXLOOKUP関数の使い方

ExcelのXLOOKUP関数の使い方

ExcelのXlookup関数とは何ですか? ExcelでXlookupを使用するにはどうすればよいですか? LuckyTemplates.com で調べてみましょう!

Excel 2016 - レッスン 4: スプレッドシートを保存および共有する方法

Excel 2016 - レッスン 4: スプレッドシートを保存および共有する方法

Excel で新しいスプレッドシートを作成するときは、後でアクセスして編集できるように保存する方法を知っておく必要があります。LuckyTemplates を使用して、Excel 2016 でスプレッドシートを保存および共有する方法を学びましょう。

Excel 2016 - レッスン 3: 新しいスプレッドシートを作成して既存のスプレッドシートを開く方法

Excel 2016 - レッスン 3: 新しいスプレッドシートを作成して既存のスプレッドシートを開く方法

コンピューター上で Excel ファイルを作成する方法は難しくありません。以下では、初心者向けに Excel ファイルを作成し、スプレッドシートを開く方法について詳しく説明します。

Excel 2016 - レッスン 2: OneDrive について学ぶ

Excel 2016 - レッスン 2: OneDrive について学ぶ

Excel 2016 セクションの概要では、LuckyTemplates が Microsoft Excel について理解するのに役立ちました。本日も、OneDrive について知っておくべきことを引き続きお伝えします。ぜひご相談ください。

Microsoft ExcelでWORKDAY関数を使用する方法

Microsoft ExcelでWORKDAY関数を使用する方法

Microsoft Excel の WORKDAY 関数は日付と時刻に関連する関数であり、その目的は、指定された営業日数の前後の日付を返すことです。営業日には週末や休日に指定された日は含まれません。

Excel 2016 - レッスン 1: Microsoft Excel について理解する

Excel 2016 - レッスン 1: Microsoft Excel について理解する

Microsoft Excel は、処理された情報を表形式で記録および表示し、計算を実行し、表に視覚的な統計を構築するのに役立つように設計されたスプレッドシート処理プログラムです。LuckyTemplates を使用して Microsoft Excel 2016 について学びましょう!

Microsoft、Excelの最も迷惑なエラーを修正

Microsoft、Excelの最も迷惑なエラーを修正

昨年、Microsoft は Windows および Mac ユーザー向けに Excel の自動データ変換を導入しました。