Word 2016 完全ガイド (パート 3): 基本的なテキスト操作に慣れる

Word 2016 完全ガイド (パート 3): 基本的なテキスト操作に慣れる

導入

Microsoft Word を初めて使用する場合は、テキストの入力、編集、配置の基本を学ぶ必要があります。基本的な操作には、文書内でのテキストの追加、削除、移動、およびテキストの切り取り、コピー、貼り付けの方法が含まれます。

Word で文書を操作するときの基本的な操作については、以下のビデオを参照してください。

さらに、ここで Word 2016 の完全ガイド (パート 1 および 2) を参照できます。

1. 挿入ポイントを使用してテキストを追加します

挿入ポイントは、文書内で点滅している垂直線です。ドキュメント ページ上のテキストを入力できる場所が示されています。挿入ポイントはさまざまな方法で使用できます。

-空白の文書: 空白の文書を開くと、ページの左上隅に挿入ポイントが表示されます。必要に応じて、この場所からテキストを入力できます。

Word 2016 完全ガイド (パート 3): 基本的なテキスト操作に慣れる

-単語間のスペース:スペースバーキーを押して、単語の後ろまたはテキストの段落間にスペースを追加します。

Word 2016 完全ガイド (パート 3): 基本的なテキスト操作に慣れる

-次の行に移動: Enter キーを押して、挿入ポイントを次の行に移動します。

Word 2016 完全ガイド (パート 3): 基本的なテキスト操作に慣れる

-特定の場所を編集: 入力が完了したら、マウスを使用して文書内の特定の場所に挿入ポイントを移動できます。テキスト内の場所、つまり編集のために挿入ポイントを置きたい場所をクリックするだけです。

Word 2016 完全ガイド (パート 3): 基本的なテキスト操作に慣れる

-矢印キー: 矢印キーを使用して挿入ポイントを移動することもできます。矢印と矢印は同じ行上の隣接する文字間を移動し、矢印と矢印はテキストの段落を移動します。

空の文書では、ダブルクリックして挿入ポイントをページ上の別の場所に移動できます。

2. テキストを選択します

テキストを書式設定または移動する前に、テキストを選択する必要があります。これを行うには、マウスをクリックして選択するテキストまでドラッグし、マウスを放します。選択したテキストが強調表示されます。

Word 2016 完全ガイド (パート 3): 基本的なテキスト操作に慣れる

- Word でテキストまたは画像を選択すると、コマンド ショートカットを含むツールバーが表示されます。ツールバーが表示されない場合は、選択した項目の上にマウスを移動してみてください。

Word 2016 完全ガイド (パート 3): 基本的なテキスト操作に慣れる

3. テキスト内の複数行を選択します

1. マウスの挿入ポイントを任意の行の左側に移動します。

Word 2016 完全ガイド (パート 3): 基本的なテキスト操作に慣れる

2. をクリックすると、そのテキスト行が選択されます。

Word 2016 完全ガイド (パート 3): 基本的なテキスト操作に慣れる

3. 複数の行を選択するには、マウスをクリックして上下にドラッグします。

Word 2016 完全ガイド (パート 3): 基本的なテキスト操作に慣れる

4. 文書内のすべてのテキストを選択するには、「ホーム」タブ「選択」コマンドを選択し、「すべて選択」をクリックします。または、Ctrl + Aというキーの組み合わせを押すこともできます。

Word 2016 完全ガイド (パート 3): 基本的なテキスト操作に慣れる

- その他のキーボード ショートカットには、ダブルクリックして単語を選択したり、トリプルクリックして文全体またはテキストの段落を選択したりすることが含まれます。

4. テキストを削除する

テキストを削除する方法は次のとおりです。

- 挿入ポイントの左側にあるテキストを削除するには、キーボードのBackspaceキーを押します。

- 挿入ポイントの右側のテキストを削除するには、Deleteキーを押します。

- 削除するテキストを選択し、[削除]をクリックします。

5. テキストのコピーと移動

Word では、文書内のテキストをコピーして別の場所に貼り付けることができます。テキストを文書内の別の場所に移動する場合は、カット アンド ペーストまたはドラッグ アンド ドロップを実行できます。

- テキストをコピーして貼り付けます。

1. コピーするテキストを選択します。

Word 2016 完全ガイド (パート 3): 基本的なテキスト操作に慣れる

2. [ホーム] タブ[コピー]コマンドをクリックします。または、Ctrl + Cキーの組み合わせを押すこともできます。

Word 2016 完全ガイド (パート 3): 基本的なテキスト操作に慣れる

3. テキストを貼り付ける場所に挿入ポイントを移動します。

Word 2016 完全ガイド (パート 3): 基本的なテキスト操作に慣れる

4. [ホーム] タブ[貼り付け]コマンドをクリックします。または、Ctrl + Vキーの組み合わせを押すこともできます。

Word 2016 完全ガイド (パート 3): 基本的なテキスト操作に慣れる

5. 貼り付けた場所にテキストが表示されます。

Word 2016 完全ガイド (パート 3): 基本的なテキスト操作に慣れる

- テキストの切り取りと貼り付け:

1. 切り取りたいテキストを選択します。

Word 2016 完全ガイド (パート 3): 基本的なテキスト操作に慣れる

2. [ホーム] タブ[切り取り]コマンドをクリックします。または、Ctrl + Xキーの組み合わせを押します。

Word 2016 完全ガイド (パート 3): 基本的なテキスト操作に慣れる

3. 切り取ったテキストを貼り付ける場所に挿入ポイントを移動します。

Word 2016 完全ガイド (パート 3): 基本的なテキスト操作に慣れる

4. [ホーム] タブ[貼り付け]コマンドをクリックします。または、Ctrl + Vキーの組み合わせを押すこともできます。

Word 2016 完全ガイド (パート 3): 基本的なテキスト操作に慣れる

5. 貼り付けたテキストは、文書内の貼り付けた場所に表示されます。

Word 2016 完全ガイド (パート 3): 基本的なテキスト操作に慣れる

- テキストをドラッグ アンド ドロップします。

1. 移動するテキストを選択します。

Word 2016 完全ガイド (パート 3): 基本的なテキスト操作に慣れる

2. テキストをクリックして、貼り付けたい場所にドラッグします。小さな長方形のアイコンが矢印の下に表示されるので、ユーザーはテキストが移動されていることを知ることができます。

Word 2016 完全ガイド (パート 3): 基本的なテキスト操作に慣れる

3. マウスを放すと、貼り付けた場所にテキストが表示されます。

Word 2016 完全ガイド (パート 3): 基本的なテキスト操作に慣れる

テキストが挿入したい場所に正確に表示されない場合は、Enter キーを押してテキストを新しい行に移動します。

6. 元に戻すとやり直し

ドキュメントで作業していて、誤ってテキストを削除したとします。幸いなことに、誤って削除したテキストを再入力する必要はありません。Word では、ユーザーは最近の操作を元に戻すことができます。

これを行うには、クイック アクセス ツールバー[元に戻す]コマンドを見つけて選択します。または、Ctrl + Zキーの組み合わせを押すこともできます。引き続きこのコマンドを使用して、複数の変更を続けて元に戻すことができます。

Word 2016 完全ガイド (パート 3): 基本的なテキスト操作に慣れる

逆に、Redoコマンドを使用すると、元に戻す操作をやり直すことができます。さらに、 Ctrl + Yのキーの組み合わせを押すと、やり直しコマンドにアクセスできます。

Word 2016 完全ガイド (パート 3): 基本的なテキスト操作に慣れる

7. 記号

著作権 (©) や商標 (™) 記号など、キーボードにない追加の文字を挿入する場合は、[記号]コマンドを使用してこれらの記号を追加できます。

アイコンを挿入するには:

1. アイコンを追加する場所に挿入ポイントを移動します。

Word 2016 完全ガイド (パート 3): 基本的なテキスト操作に慣れる

2. 「挿入」タブをクリックします。

Word 2016 完全ガイド (パート 3): 基本的なテキスト操作に慣れる

3. [シンボル]コマンドに移動して選択し、ドロップダウン メニューから任意のシンボルを選択します。追加したいシンボルが見つからない場合は、[その他のシンボル]を選択します。

Word 2016 完全ガイド (パート 3): 基本的なテキスト操作に慣れる

4. 追加したいアイコンが文書上に表示されます。

Word 2016 完全ガイド (パート 3): 基本的なテキスト操作に慣れる

以下のその他の記事を参照してください。

  • Word 文書を開くときの「文書は別のユーザーによる編集のためにロックされています」エラーを修正する

幸運を!


Word 2016 完全ガイド (パート 15): ページ番号付け

Word 2016 完全ガイド (パート 15): ページ番号付け

Word 2016 で必要に応じてページ番号を付ける方法は難しくありません。この記事では、Word 2016 でページ番号を簡単に付ける方法を紹介します。

Word 2016 完全ガイド (パート 14): ページ タイトル (ヘッダー) とフッター (フッター)

Word 2016 完全ガイド (パート 14): ページ タイトル (ヘッダー) とフッター (フッター)

ページ タイトル (ヘッダー) とフッター (フッター) は、テキストにより多くの情報を提供するのに役立つ Word 2016 の便利なツールです。

Word 2016 完全ガイド (パート 13): テキスト列の分割

Word 2016 完全ガイド (パート 13): テキスト列の分割

テキスト列の分割は、特に新聞や雑誌の出版物でテキストを書式設定するときによく使用される機能の 1 つです。

Microsoft Wordの重大な脆弱性がハッカーによってコンピュータにマルウェアをインストールするために悪用されている

Microsoft Wordの重大な脆弱性がハッカーによってコンピュータにマルウェアをインストールするために悪用されている

Microsoft Word のゼロデイ脆弱性が悪用され、Windows マシンにマルウェアがインストールされます。

Word 2016 完全ガイド (パート 12): ページを分割してセクションを分割する方法

Word 2016 完全ガイド (パート 12): ページを分割してセクションを分割する方法

Wordの段区切りとは何ですか? Word 2016 でセクションを分割するにはどうすればよいですか? Word 2016 の改ページについて LuckyTemplates.com で学びましょう!

Word 2016 完全ガイド (パート 11): テキストの印刷

Word 2016 完全ガイド (パート 11): テキストの印刷

Word 2016 の印刷は、追加のテキスト印刷ソフトウェアを使用せずに、ドキュメント ファイル内で直接実行できます。Word 2016 がわからない場合に備えて、Word 2016 を印刷する方法を次に示します。

Word 2016 完全ガイド (パート 10): ページ レイアウト

Word 2016 完全ガイド (パート 10): ページ レイアウト

Word 2016 で位置を揃えるにはどうすればよいですか? Word 2016 で余白を揃える方法について知っておくべきことは次のとおりです。

Word 2016 完全ガイド (パート 9): ハイパーリンクの使用

Word 2016 完全ガイド (パート 9): ハイパーリンクの使用

Word では、テキストにハイパーリンクを追加して、文書から Web サイトや電子メール アドレスに直接アクセスできるようにします。リンクの表示方法の選択に応じて、テキストにハイパーリンクを挿入する方法がいくつかあります。

Word 2016 完全ガイド (パート 8): リストを作成する

Word 2016 完全ガイド (パート 8): リストを作成する

Word 文書では、テキストの整理、リスト、強調に強調表示と数字が使用されます。この記事では、既存の箇条書きの編集、新しい箇条書きと番号の挿入、箇条書きのようなアイコンの選択、リスト レベルの書式設定の方法を学びます。

Word 2016、2019、2010、2007、2013 で行の間隔を空ける方法

Word 2016、2019、2010、2007、2013 で行の間隔を空ける方法

Word 2016 で行間を空ける方法は難しくありません。この記事では、Microsoft Word の一般的なバージョンで行間を空ける方法を詳しく説明します。